襟付きシャツ、襟を立てる、立てない?それぞれの特徴や効果を紹介します。

日本では襟を立ていない人を多く見かける襟付きシャツ。
実は海外においては、襟を立てた着こなしも一般的とされているのをご存知ですか。
今回は襟を立てたスタイル、襟を立てないスタイル、それぞれの効果や特徴を紹介します。

・シャツの襟を立てたスタイルの特徴や効果

まず何故襟を立てるのか、それは3首と言われるファッションの基本的な理論から来ています。
これは3首という言葉の通りつまり首元、手首、足首といったポイントに目線が行きやすいという考え方です。
そのため首元というファクターはとてもコーデの中では大事な部分といえます。

ですから襟を立てるだけでもグッと首元に目が行きやすくなる訳なんです。
なおかつ素肌のセクシーさを出せるのも重要なポイント。

この要素は自身の第一印象に関係してくる点でもあるので
小さなことに感じやすいですがコーデでの比重はとても大きいといえます。

しかし、襟を立てている方を日本で多く見かけることはありません。
一体何故なんでしょうか。

実はこれは日本人特有の顔つき、身長といった民族特有の身体的外見から来るものが関わっています。
彫りが浅く、身長が低いと襟を立てて横に広げた時にミスマッチしてしまうため、襟を立てない方が多いんです。
もちろん体格や見た目の関係で合う合わないに個人差があることは十分にあり得ます。

こうした理由のため日本人の体型で上手く襟を立てるには下記の工夫が必要です。
簡単ですので是非一度行ってみてください、襟を立てない時と比べてガラッと印象が変りますよ。

・襟を横に広げ過ぎない(顔の大きさ程度にしておく)
・アンバランスに感じた時には襟を少し折り曲げて高さ調整をする
・あくまでもシルエットを良くするためなので立てすぎて広がりがないのもNG

このテクニックは襟付きシャツのみならず、トレンチコートなどでも使えますので
頭に入れておくだけでコーデの幅も広がります。

・シャツの襟を立てないスタイルの特徴や効果

シャツの襟を立てない場合は落ち着いた知的なイメージを感じさせます、ビジネス的なイメージが湧く人も多いでしょう。
前述した襟を立てる場合はどちらかというと落ち着きとは反対に動的な印象になるので差別化も十分できます。

このスタイルは首元が目立たない分、ネクタイ、上着のアイテムが扱いやすく、アイテムの一つ一つが目に行きやすい
トータルバランス型と言えます。
そのため、それぞれ合わせる衣類、小物選びが楽めるのが特徴と言えるでしょう。
ネクタイでワンポイントを狙っても良いですし、上着には定番のジャケット、もしくはくだけた感じのジャンパー、
加えてアダルトなイメージを持つコート類など割と個性的なアイテムを用いれるのが嬉しい所です。

襟を立てるスタイルでは襟付きシャツ自体が個性的な1アイテムとなってしまうので、
ある程度控えめな物を選ばなければいけません。
一般的に襟を立てない理由の中には他のアイテムを引き立てる万能性に優れているから、というのもあるかもしれませんね。

襟を立てない時に注意したい点は、その折り目の皺や見た目のバランス。
均一になっていなかったり、皺々だったりするとコーデが決まりません。
出来る限り体の肩に対して平行になるようにしっかり整えておきたい所です。
また、襟の汚れも目立ちやすいので染み抜きなどもこまめに行うこと。

ほんのちょっとの違いでも見た目や効果が全然違う、襟を立てるスタイルと立てないスタイル。
その使い分けはこれからのファッションでの考え方の幅を広げるのに役立つでしょう。
どちらのスタイルをとるにしてもアイロンがけは襟の部分までしっかり行い
パリッとした襟使いができるようにしておくことが望ましいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする